ArcGIS サイトライセンス

更新日:2017年1月 6日

全学計算機システムの導入に伴い,本学はESRI社の高等教育機関向けArcGISサイトライセンスプログラム(以下,単にサイトライセンスと言います)を2013年4月から 2017年3月まで4年の期間契約しました(2017年4月以降も契約を継続します).対象はArcGIS for Desktop (Basic/Standard/Advanced)およびサーバ製品,開発者向け製品,モバイル製品です.全学計算機システムにArcGIS for Desktopを導入し,本数無制限で使用できます.ただし,附属病院や附属学校はライセンスの対象には含まれません.

全学計算機システム外での利用

本学の契約では,本学が所有するPCあるいは教職員・学生の私物のPCにArcGIS for Desktopを本数無制限でインストールして使用できます.教職員には大学に籍をもつ研究員を含みます.インストールするには,インストール用ファイルのダウンロードとライセンスサーバへのネットワーク接続が必要です.また契約上インストール用メディアの配布・複製は認められていませんので,ダウンロードしたインストール用ファイルは再配布しないでください.

全学計算機システム用のライセンスサーバを,システム外での利用にも公開します.このライセンスサーバでは,ArcGIS for Desktopを無制限に使用できます.ただし,同ライセンスサーバには学内ネットワーク(学術情報メディアセンターのVPN接続サービスのクライアントを含む)からしかアクセスできません.

卒業・修了や退職などで筑波大学の在籍を失うとライセンスの権利を失います.速やかにソフトウェアをアンインストールしてください.

ArcGIS for Desktop をインストールするには、まずこちらをご覧ください:
ArcGIS Desktop 10 インストールマニュアル(学内のみ)[PDF:2.61MB]

* マニュアルのバージョンは10ですが,最新バージョンも大体同じ要領でインストールできます.
また,ArcView(Basic)以外のArcInfo(Advanced)やArcEditor(Standard)も利用できるようになりました.

ArcPad 10 登録番号(学内のみ) [PDF:114KB]

ESRIジャパンへインストールプログラムのダウンロードとサポート情報: ログインIDとパスワードは”ArcGIS Desktop10インストールマニュアル(学内のみ)” をご覧ください)

* ArcGIS 10.1 から製品名が変わりました.
http://blog.esrij.com/arcgisblog/2012/07/arcgis-101-403e.html

* 全学計算機システム用のライセンスサーバは,最新バージョンのArcGISに対応していないことがあります.利用可能なバージョンは,ArcGIS Administratorの「利用可能ライセンス」で確認できます。

* 全学計算機システム用のライセンスサーバに不具合が生じた場合,筑波大学GIS研究教育コンソーシアムのライセンスサーバに変更することで回避できることがあります.但し,コンソーシアムのサーバは常時稼働しているとは限らないのでご了承ください.[ライセンスサーバ名変更方法(学内のみ)]

* クラウドGISサービスである ArcGIS Online が利用できます.利用を希望する方は,筑波大学GIS研究教育コンソーシアムに利用をお申し込みください.

照会窓口

学術情報メディアセンター事務室
E-mail accc-software@cc.tsukuba.ac.jp

その他製品群の利用

サーバ製品(ArcGIS Server)等,その他の製品群は筑波大学GIS研究教育コンソーシアム(http://giswin.geo.tsukuba.ac.jp/gis-cons/)に管理を委託しています.ArcGIS for Desktop以外のソフトウェアの利用に関しては,同コンソーシアムにご照会ください.

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームから、
「ソフトウェアライセンス」を選択して、必要項目を入力、問い合わせをお願いします。