Microsoft Imagine Standard

更新日:2017年10月 16日

Microsoft EES 特典の一環として Microsoft Imagine Standard を利用することができます。

Microsoft Imagine Standard の概要

Microsoft Imagine Standard は、マイクロソフトの開発言語,OS,サーバなどを教育用途に提供するプログラムです.
参考ページ:教育機関向け Microsoft Imagine について

使用上の制限

Microsoft Imagineのソフトウェアの使用は教育・研究目的に限定されており,次のような制限があります.

  • 営利目的での開発はできません.
  • 学群/研究室の計算機環境のインフラ構築には利用できません.例えば,Exchange Server を研究室のメールサーバとして実運用することはできません.

詳しくは,マイクロソフトによる 利用ガイドラインをご覧ください.

使用可能なソフトウエア

使用可能なソフトウエアについては「筑波大学(University of Tsukuba)用Microsoft Imagine Standard」にサインインしてご確認ください.

使用範囲

対象者:@u もしくは @un のメールアドレスを付与された本学の構成員(教職員・学生)および名誉教授等の本学の関係者。(離職・卒業・修了等で @u, @un のアドレスを使用できなくなった場合には、本特典の利用対象者ではなくなります。)

対象機器:教職員が管理している大学のPC、教育・研究を目的として使用する私物のPC

利用方法

Webストアへの登録 (サインアップ・初回のみ)

Microsoft Imagine Standard の利用には、@u.tsukuba.ac.jp (教員および学生) もしくは@un.tsukuba.ac.jp (職員等) のアドレスで本学専用のWebストアURL(下記「筑波大学(University of Tsukuba)用 Microsoft Imagine Standard」リンク)にて登録 (サインアップ) が必要です。2017年度以降の入学者(@s.tsukuba.ac.jpを使用している人)も@u.tsukuba.ac.jpで作成してください。@u宛のメールは@sに届きます。
登録手順[PDF:647KB]

* Microsoft EES 特典 (SA/TA) を利用するためのアカウントとは異なるのでご注意ください。

インストール方法

ELMS と呼ばれる Webベースのライセンスマネジメントシステムにより, ユーザ毎に認証を行うことで個別製品のダウンロードとプロダクトキーの受け取りができます.

このサービスに関するお問い合わせ

# このサービス・ソフトウェアの動作や使用方法に関するサポートは行っておりません。
参考ページ:Microsoft Imagine のヘルプ