VPN サービス

更新日:2016年12月 22日

旧VPNサーバーについて

旧VPNサーバの運用を2015年3月2日で終了しました。

旧サーバーを利用している方は、こちらを参照し、2014年11月4日より実運用中のVPNサービスを利用するように変更をお願いします。

筑波大学 VPN サービスの概要

自宅や外出先などからプロバイダを経由してインターネットへ接続しているときに、大学内における「学内専用」のページなどは参照できません。また、学内のサーバなどにアクセスする時には大学のファイアウォール装置を通過するために利用できないサービスがあります。VPN サービスを利用することにより、自宅等からインターネットを経由した大学内への接続を仮想的に学内からの接続のように見せかけることができます。

平成26 年11 月より正式なサービスとして運用を開始しました。試験運用の時とは異なり、様々なOS やデバイスにも対応可能となりました。

VPN 通信可能なサブネット一覧

筑波大学 学術情報メディアセンター VPN サービスでは、現在、以下の特定の学内 LAN サブネットに対してのみ VPN 通信が可能な設定となっています。
VPN 接続中であっても、これ以外のサブネットに対して通信を行おうとすると、VPN クライアントの端末のローカルのインターネット接続が使用されます。
traceroute コマンドを使用すると、特定のホストに対して正しく VPN 経由の通信が行えているか確認できます。

・VPN 通信が可能な設定の学内 LAN サブネット(2014/12/11現在)
全学計算機システム
学術情報メディアセンター
情報学類
システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻
リスク工学専攻
陸域環境研究センター
ベンチャービジネスラボラトリー
春日キャンパス
教職員専用サイト
TWINS
KdB

利用対象者

統一認証 ID とパスワードをお持ちの方は、どなたでもご利用いただけます。 詳しくはこちらのページを参照して下さい。

VPN 利用上の注意

詳しくはこちらのページを参照して下さい。

利用方法

設定マニュアル

筑波大学 VPN サービスに接続するための方法はこちらを御覧下さい。

IPアドレスアサイン

 割り当てレンジ  133.51.65.0/24

VPN 通信可能なサブネットの追加

各サブネットワーク管理委員会からご要望があれば、VPN 通信可能なサブネットとして追加いたします。
詳しくはこちらのページを参照して下さい。

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームから、
「ネットワーク(アクセスポイント、基幹サービス)」を選択して、必要項目を入力、問い合わせをお願いします。