学外からの規定値を超えた大量の通信の制限について(中止)

学外からの大量の通信を制限しておりましたが、効果がない事と正常な通信が影響を受ける事があり、対応を中止する事といたしました。

——————————————————————————————————–

現在、学外から学内の多数の宛先を標的とした大量の通信(スキャン)が発生しております。そのために、学内の一部の機器において過負荷な状態が発生し、運用に支障が出ています。

これに対処するために,以下のような措置を行います.

内容:送信元IPアドレス毎に、一定期間(数秒レベル)に多数のパケットを送信している場合、規定値を超えたパケットを落とす。
開始時期:2018年8月27日
対象部分:学外から学内へ入ってくる通信

この対策により、正常な通信のうち以下のような通信については影響がある可能性があります。
・短時間に極めて大量の通信を行う。
  (大容量のファイルのダウンロードなど)
 ※ダウンロードにかかる時間が遅くなります。

上記のような問題が発生する場合には、今回実施する措置の対象外とすることが可能ですので、通信元・通信先のIPアドレスの情報を添えて、お問い合わせください。