セルフサインアップしてEnterprise ID を取得して使う

更新日:2021年1月 20日

Adobe CC セルフサインアップについて

「セルフサインアップ」とは、一人のユーザが初回に一度のみ行う登録作業のことです。2回やろうとすると、以下のエラー画面が表示されます。エラーの原因は赤線部分の「User already in organization=既に組織に登録されている」です。

複数のPC を使用している場合も、新しいPC を使い始める場合も、新たにセルフサインアップを行う必要はありません
但し、統一認証システムに登録されているメールアドレスが変更(@u から@un に変更など)になった場合は、新しい方のメールアドレスで新たにセルフサインアップを行う必要があります。


セルフサインアップが終わったら

セルフサインアップ済みの方は以下を参照してAdobe CC を使用してください。

  1. パスワードの設定
    • セルフサインアップ時に設定したパスワードを使用します
    • 既に設定済みであればスキップしてください
  2. adobe.com でログイン
  3. Adobe CCデスクトップアプリケーションをダウンロード、インストール

の順で進めてください。

1. パスワードの設定

「Adobe Creative Cloud エンタープライズ版 コンプリートプランをご利用いただけます」のメールに記載されているリンクから進んでパスワードの設定を行ってください。パスワードの長さや文字の種類は
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cpsid_92722.html の❸の囲み記事「注意:パスワードの注意事項は以下の通りです」を守って、統一認証システムのパスワードとは別のパスワードを選んでください。

2. adobe.comでログイン

パスワードの設定が完了したら
https://www.adobe.com/jp/
にアクセスし、右上の「ログイン」をクリックしてください。

  • 次の画面の「電子メールアドレス」に、ご自身の@un / @u  のメールアドレスを入力して「続行」をクリックします。
  • 次の画面「アカウントを選択」では「会社または学校のアカウント」を選択します。次の画面で「本人確認をするために、次の宛先に認証コードを送信します」と表示された場合はそのまま「続行」をクリックしてください。「Verification code」というメールが送信されてきますので、メールに記載の確認用コードを入力します
  • 次の画面「パスワードを入力」ではご自身がAdobe Enterprise ID (@un / @u  のメールアドレス)に設定済みのパスワード(統一認証システムのパスワードでは あ り ま せ ん)を入力して「続行」をクリックしログインをご確認ください。
3. Adobe CCデスクトップアプリケーションをダウンロード、インストール

ログインした状態で以下のページ
Adobe | 以下の手順に従って Creative Cloud をインストールしますにアクセスすると
左図のようなポップアップ画面が表示されますので「ファイルを保存」をクリックしてCreative_Cloud_Set-Up.exe を保存してください。

保存したCreative_Cloud_Set-Up.exe をクリックしてインストールを行います。
インストール後にAdobe CC デスクトップアプリケーションを開くと、 Acrobat 他、必要な製品のインストールが行えます。

注意:「会社または学校のアカウント」を選択することで本学の包括ライセンスが使用できます。「個人のアカウント」をクリックして進むと、@u または@un のメールアドレスとご自身で設定したパスワードを入力していても本学の包括ライセンスが付与されていない状態になります。
誤って「個人のアカウント」をクリックした場合はいったんログアウトしてから正しい手順でサインインしてください。
Acrobat 他、製品を直接開いた際の「サインイン」画面からは「会社または学校のアカウント」を選択する画面にたどり着きません。必ずAdobe CC デスクトップアプリケーションからログインしてください。

 

このサービスに関するお問い合わせ

このページに記載の情報を読んでも解決しない場合は、お問い合わせフォームで「Adobe CC 包括契約」を選んで「使用者ご本人が」お問合せください。
また、電話による問い合わせをいただいた場合も問い合わせフォームからのお問合せをお願いしております。
ソフトウェアに関するタイムリーな情報は全学計算機システムのメールマガジンで発信しています。
購読について→ http://www.u.tsukuba.ac.jp/icho-news/