よく聞かれる質問(EES 特典(Microsoft Office)に関するFAQ)

更新日:2019年8月 23日

【サービス概要】


Q1: EES 特典について知りたい。
A1: 以下の表をご参照ください。

EES 特典(Office 365 Education)
有償/無償 無償
提供製品 常に最新バージョンの Office(新しい Office がリリースされると、自動的に最新版にアップグレードされる)
対象デバイス 自宅使用のデバイス計15 台

・PC または Mac:5 台

・タブレット端末:5 台

・スマートフォン:5 台

利用対象者 学生および教職員(※1)
利用可能期間 ・上記利用対象者で、且つ筑波大学に在籍中のみ
・あわせて、筑波大学がEES を締結している場合に限る

※1 対象の教職員ならびに学生についてはこちらをご参照ください。


Q2: 卒業・修了後の継続利用方法はありませんか?
A2: 本契約のEES特典とは直接に関係ありませんが、ライセンスサービスベンダーの内田洋行社より「学生向け Microsoft Office ライセンス特別プラン」が安価で有償提供されています。詳細は大学会館書籍部(丸善)掲示のポスター、又は次の内田洋行社WEBサイトより確認してください。
http://www.uchida.co.jp/education/office/


Q3: 私のパソコンにはすでにOfficeが入っています。どうすればよいでしょうか?
A3: すでに入っているものを継続して使用することは問題ありません。
大学で提供しているOfficeを入れるためには、すでに入っているOfficeをアンインストールするなどの手間が発生します。これらの作業は自己責任で行っていただくものになり、本学ではサポートできません。
本学で提供しているOfficeは常に最新のものを使用できます。この意味ですでに持っているOfficeを使うか本学が提供しているOfficeを使うかはご自身で判断してください。
なお、すでに持っているOfficeがOffice 2010 以前のものの場合は、本学が提供しているOfficeを使うようにしてください。古いOfficeはマイクロソフトからのサポートがなくなります。


Q4: 大学院に進学後、EES特典のOfficeを利用しようとしたのですが、利用できません。
『Office のデスクトップ アプリが含まれている Office のライセンスが現在割り当てられていません。組織の Office を入手する方法の詳細については、管理者にお問い合わせください。』と表示されます。
A4: 本学で提供している Office は、@s では Office をご利用いただけません。
こちらのページにある手順に従い、お使い下さい。
このページにも記載していますが、まず、サインアップが必要です。サインアップには、@s.tsukuba.ac.jp ではなく @u.tsukuba.ac.jp を使用します。@u.tsukuba.ac.jp 宛のメールは @s.tsukuba.ac.jp へ自動的に転送されます。
サインイン後のアプリ一覧画面”マイアカウント(画面右上)”より、現在どのアカウントでサインインされているか確認できます。


【サインアップ】


Q5: セルフサインアップがわかりません。
A5: Office365 などのEES特典を利用するには、大学から付与されている「@u.tsukuba.ac.jp」もしくは「@un.tsukuba.ac.jp」のメールアカウントにてサインアップ(登録)する必要があります。サインアップが受け付けられない場合は、タイプミスが無いか今一度ご確認ください。
また、@s.tsukuba.ac.jp のアドレスでのサインアップはできません!2017年度以降入学の学生は こちらのページ を良く読んでください。


Q6:個人登録の Microsoft ID との関係がわかりません。
A6:個人が Microsoft ID として各自で決めたメールアドレスを登録し、Microsoft の各種の(無料)サービスを受けることは可能ですが、この ID は本サービスとは関係ありません。逆に、この ID に本学が配布する(@s, @uなどの)メールアドレスを用いると、本学が提供するサービスを受ける際に混乱が起きる恐れがあり、避けた方が無難であると思われます。


Q7: EES 特典の利用対象の身分(教職員)ですが、「@u.tsukuba.ac.jp」「@un.tsukuba.ac.jp」のメールアカウントを取得していません。
A7: 利用対象の教職員の内、非常勤講師、もしくは非常勤研究員のご身分の方は「@u.tsukuba.ac.jp」のメールアカウントを取得することが可能です。
上記アカウントの申請を含め、全学計算機システムの利用手続きについては、こちらをご参照ください。
それ以外の利用対象者(教職員ならびに学生)については任用時(入学時)に「@u.tsukuba.ac.jp」もしくは「@un.tsukuba.ac.jp」のアカウントが付与されています。


【サインイン】


Q8: 統一認証のパスワードを入力しましたが、サインインできません。
A8: Office 365 のポータルサイトへのサインインは統一認証のパスワードではなく、EES 特典サインアップ時にご自身でお決め頂いたパスワードとなります。


Q9: パスワードを失念しました。
A9: こちら(pdf)の説明のとおり、メールアドレスを確認し、①~⑪のステップで各自、オンラインでアカウントを回復してください。


Q10: @uでサインインしているのですが、Officeを利用できません。どうしたら良いでしょうか?
A10: 以前に@sなどでサインインした情報が、ブラウザのキャッシュ及びCookieに情報が残ってしまっている影響で、意図せず、@uでサインインしたつもりでも、@sでサインインされていることがあります。
ブラウザキャッシュ及びCookieの削除を行うか「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Firefox」等、別のブラウザ、もしくは他の端末でセルフサインアップでご利用いただけるかご確認下さい。


【ダウンロード/インストール】


Q11: 製品のダウンロード/インストール方法を教えてください。
A11: 利用対象のデバイスにてOffice 365 のポータルサイトへサインインし、プログラムをダウンロード/インストールしてください。


Q12: インストール時にプロダクトキーの入力はありますか?
A12: ありません。大学のメールアドレス、自身で決めたメールアドレスでサインインすることでアクティベートされます。


Q13: iOS端末(iPhone、iPad等)でOfficeを利用したいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A13:App Storeより各Office製品をダウンロードし、EES特典にてサインアップされたアカウント(Q5/A5参照)にてサインインすることでご利用いただけます。
尚、EES特典として、スマートフォン5台、タブレット5台までインストールしてサインインして利用することが出来ます。


Q14: Android端末でOfficeを利用したいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A14:Google Play で各Office製品をダウンロードし、EES特典にてサインアップ(Q5/A5参照)されたアカウントにてサインインすることでご利用いただけます。
尚、EES特典として、スマートフォン5台、タブレット5台までインストールしてサインインして利用することが出来ます。


Q15: MacOS端末からApp Store経由で、各Officeアプリケーションをインストールし、利用することはできますか?
A15: ご利用いただけます。
但し、前提として、EES特典にてサインアップ(Q5/A5参照)されたアカウントでないとご利用いただけません。
また、App Store経由でOfficeを入手するには、Excel、Word、PowerPointなど個別でのアプリケーションのインストールが必要となります。
それぞれインストールの上、サインインすることで、利用ができます。


【インストール後】


Q16: 利用デバイスの変更は可能ですか?
A16: 可能です。ご自身のOffice365 のポータルサイトの管理画面で利用デバイスの確認/変更ができます。既に使用しないデバイスについては管理画面にて「非アクティブ化」を実施し、プログラムをアンインストールすることで、デバイス数のカウントから外れます。


Q17: オフラインで使用することはできますか?
A17: 定期的にオンラインでライセンス認証が行われていますので、基本的にオンラインで使用して頂く事が前提です。 (Office365 アカウントにサインインすることで認証される)。但し、定期認証には30 日間の猶予があるので、最後のライセンス認証から30 日間はオフラインでも使用できます。 認証期間が過ぎると、Office の機能制限がかかります。


Q18: Office の各種ソフトウェアの使用方法を教えてください。(Outlook の設定、Word、Excel、PowerPoint などの機能案内)
A18: 製品の使用に関してのサポートは行っておりません。
製品の使用方法については、ご自身で調査下さい。Microsoftコミュニティなどもご活用下さい。


Q19: 進学するにあたり、現在の OneDrive のデータを進学後の ID でのOneDrive へ移行したいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A19: 卒業等で離籍される方の ID については、管理者が離籍を確認する期間を経て、実際の削除が行われます。その間に移行をおこなってください。IDの削除までの期間は状況によって変わりますが、離籍をする日(卒業日等)から 2 ~ 4 週間を目安にして下さい。なお、この期間中データを保持することを保証するものではありません。


Q20: 全学計算機システムのOfficeアプリケーション(Word、Excel、PowerPointなど)において、OneDriveにてファイル共有をしようとするがエラーになってしまう。
A20: 起動中のOfficeアプリケーション(Word、Excel、PowerPointなど)にて、現在サインインされているアカウントを一度サインアウトし、再度サインインし直して下さい。
画面右上にあるご自身の表示名を選択するとおこなえます(アカウント切り替えにて)。
※これは、全学計算機システムを起動するごとに行う必要があります。
 以前に、サインイン、サインアウトしたことがあっても端末を起動毎に毎回行う必要があります。

本学のEES特典におけるOneDrive for Businessに関しては、以下のページを参照して下さい。
OneDrive for Business