Adobe の COVID-19 対応について (8/20 まで延長)

本学(Adobe 社と包括契約を締結している大学)の学生はCOVID-19 対応期間中、自宅からもAdobe CC ライセンスの使用ができます。
本学におけるCOVID-19 対応の期日が 8/20 に延長されました。

詳細は以下を御覧ください。
アドビ、新型コロナウイルスの影響を受けた世界中の教育機関の自宅学習をサポート https://blogs.adobe.com/japan/corp-adobe-enables-distance-learning-globally/

学内の一部のネットワークでの瞬断について(6/19)

学内の一部のネットワークで、次の通り瞬断が発生しました。

日時:2020年6月19日(金)3時13分頃、11時25分頃、11時30分頃
影響範囲:南地区の一部のネットワークにおいて、上記時間に瞬断が発生しました。

DNSサーバ、NTPサーバの緊急メンテナンスに関して(2020/06/22)

次の日時で学術情報メディアセンターで運用しているDNSサーバ、およびNTPサーバの緊急のメンテナンスを行います。

 

作業日時:2020年6月22日(月)10:00~15:00
作業内容:学術情報メディアセンターで運用しているDNSサーバ、NTPサーバのメンテナンス
影響範囲:NTPサーバにおいて、作業時間内に10分程度の停止が数回発生します。

DNSサーバに関してはシステム的に冗長構成で運用しておりますので、メンテナンス中のサービス停止が伴わないように作業を行いますが、作業時間内でDNSサーバへの問い合わせにおいて、サーバの応答に時間がかかる場合があります。

 

【更新あり】Microsoft Streamの動画再生が頻繁に停止する現象について

Microsoft Streamの動画の再生が頻繁に止まり、ひどいときには数秒おきに止まって視聴に耐えない場合があるという報告があります。

2020-06-05 追記: Microsoft側での対応が完了したとの連絡がありました。問題が継続している場合は、Microsoftに報告して下さい。)

他の複数の大学でも同様の報告があることからMicrosoft側に原因がある可能性があり、根本的な解決方法は不明ですが、当面は以下のような対処をお願いいたします。

動画を用意する教員の皆様へ
  • 動画で提示しているスライドや資料は、可能ならば学生がダウンロード(ないしブラウザ等で表示)できるようにしていただけると幸いです
  • 動画の公開期限や課題の提出期限は、十分に長く取っていただけますようお願いします
学生の皆様へ

Streamの再生が頻繁に停止するトラブルが生じた際は、時間をおいて他の時間帯に試みることをおすすめします。以下の対処を試みると(必ずとはいえませんが)改善する可能性があります。

(方法1) 動画の品質を落としてみる
    • 動画プレイヤーの右下の「設定」をクリック

Streamプレイヤー「品質」

    • 「品質」をクリック

動画の品質設定

    • 品質を、低い(数字の小さい)値に変更する

品質を落としてみる

(方法2)動画のロード済み部分が、再生位置より十分に先になるまで待ってから再生する

ロード済みの部分

(方法3)スマートフォンやタブレットのアプリからオフラインで視聴する
  • 動画一覧で右端のdetailsアイコンをタップする

モバイルApp-動画一覧

  • 「オフラインで利用可能にする」をタップする

モバイルApp-オフラインで利用可能にする

表示が100%になるまで待つ

  • 画面下の「マイコンテンツ」をタップする

モバイルApp-マイコンテンツ

  • 画面上の「オフライン」をタップし、視聴したい動画を再生する

モバイルApp-オフライン


それでも改善しない場合は、Microsoftに問題の報告をしてください。

ウイルスバスターCorp. XG SP1 の Windows 10 May 2020 Update 対応予定について

トレンドマイクロ社より同社のアンチウイルスソフトである、ウイルスバスターコーポレートエディション XG SP1 について、 Windows 10 May 2020 Update への対応予定が発表されました。

ウイルスバスターをインストールされている PC については、 Windows 10 May 2020 Update に対応するまで、Windows の同アップデートは行わないでください。

対応予定時期については『Windows 10 Update 対応予定』をご確認ください。(トレンドマイクロ社の Web が別ウインドウにて開きます)

なお、対応製品が配布されたのち、学術情報メディアセンターの管理サーバにて対応処理を行います。
学術情報メディアセンターでの対応が整いましたらお知らせいたします。

【重要】職員在宅勤務拡大にともなう窓口対応,電話対応の変更について(2020/6更新)

新型コロナウィルス感染拡大防止のための職員在宅勤務拡大にともない,下記の期間,学術情報メディアセンターの窓口および電話における対応を中止致します.

今まで窓口で承っていたご依頼につきましては,こちらからご連絡下さい.順次対応いたします.

ご不便をおかけいたしますが、感染拡大防止のための対応として,ご理解とご協力をお願い申し上げます.


学術情報メディアセンター窓口,電話対応中止期間
2020 年4月20日(月) から 本学の活動形態変更 まで

(参考) 新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた活動形態の変更方針について


 

DNSサーバ、NTPサーバの緊急メンテナンスに関して(2020/05/25)

次の日時で学術情報メディアセンターで運用しているDNSサーバ、およびNTPサーバの緊急のメンテナンスを行います。

 

作業日時:2020年5月25日(月)10:00~12:00
作業内容:学術情報メディアセンターで運用しているDNSサーバ、NTPサーバのメンテナンス
影響範囲:NTPサーバにおいて、作業時間内に10分程度の停止が2回発生します。

DNSサーバに関してはシステム的に冗長構成で運用しておりますので、メンテナンス中のサービス停止が伴わないように作業を行いますが、作業時間内でDNSサーバへの問い合わせにおいて、サーバの応答に時間がかかる場合があります。

 

職員の@u, @unアドレスのメールとEES特典のOutlookについて

EES特典でメールが使えるように見えるOutlookとは何か・なぜ使えないか・どう扱えばいいかについてご説明します。

要点

  • EES特典のOutlookではインターネットからのメールを受け取れません
  • また、全学計算機システムの@uアドレスや GWOの@unアドレスにメールを送れません
  • 一方、TeamsやStreamなどからの通知はEES特典のOutlookに届きます
  • EES特典Outlookに届いたメールを@u, @un以外のアドレスに転送するか、メールクライアントからIMAPやPOP3で読むよう設定し、その後は使わないことを勧めます

@un, @uメール概念図

@u, @un用メールシステム

教員用の@uメール(図のブルーの部分)や事務職員、技術職員用のGWOシステムの@unメール(オレンジの部分)は、常勤職員が任用時から使える、いわば公式のメールシステムです。非常勤の職員の方も申請により利用できる場合があります。

EES特典のOutlook

EES特典にサインアップすると図の緑色のMicrosoft 365のシステムに、@uや@unの公式メールアドレスを使ってサインイン(ログイン)できるようになります。このシステムの中にはメールシステムであるOutlookも含まれていますが、これを使ってメールを読み書きすることは想定していません。このOutlookでメールを書いて送信することはできますが、インターネットからのメールを受け取ることはできません。

また、EES特典のMicrosoft 365の中からは、すべての@uおよび@unアドレス宛メールがこのOutlookに届きます。本来の(ブルーやオレンジの)@u, @un アドレスのシステムには届きません。Teams・Stream・その他のEES特典のオフィスツールからの通知(たとえばTeamsの会議への招待など)は@u, @un 宛のメールの形式でこのOutlookに届きます。

通知を読むための設定

メールシステムとしては正常に使えないのですが通知が届いてしまうため、EES特典のOutlookに届いたメールは読めるように設定し、その後は使わないようにすることを勧めます。ただし、前述の通り@uや@unのアドレスにメールを転送しても届きません。

@u, @unとは違うアドレスを日頃お使いの場合は、そのアドレス宛に転送設定することができます。EES特典に登録したメールアドレス、パスワードでoutlook.office.comにサインインした後、こちらに記載の手順(「メール一覧を表示させた状態で…」以後)を実行してください。

あるいは、WindowsのOutlookやmacOSのメールなど、デスクトップのメールクライアントからIMAPやPOPを用いてOutlook宛のメールを読み出すこともできます。(EES特典に登録したアドレスとパスワードを用いてこちらの手順をご参考に設定を行ってください。

学生の@s, @uアドレスのメールとEES特典のOutlookについて

EES特典でメールが使えるように見えるOutlookとは何か・なぜ使えないか・どう扱えばいいかについてご説明します。

要点

  • EES特典のOutlookではインターネットからのメールを受け取れません
  • また、全学計算機システムの@uアドレスにメールを送れません
  • 一方、TeamsやStreamなどからの通知はEES特典のOutlookに届きます
  • @s アドレス等に転送するよう設定し、その後は使わないことを勧めます

メール概念図

 

 

 

 

 

 

 


学生用メールシステム

@sアドレスのメールシステム(図のオレンジの部分)は入学時からログインして使えるようになっています。もう一つ @uのメールシステム(ブルーの部分)がありますが、2017年度以後入学した学生では単に@sに転送されるようになっています。この2つが、学生全員が在学中使える公式のメールシステムです。

EES特典のOutlook

EES特典にサインアップすると図の緑色のMicrosoft 365のシステムにs……@u.tsukuba.ac.jp というアドレスを使ってサインイン(ログイン)できるようになります。その中にはメールシステムであるOutlookも含まれていますが、これを使ってメールを読み書きすることは想定していません。このOutlookでメールを書いて送信することはできますが、インターネットからのメールを受け取ることはできません。

また、EES特典のMicrosoft 365の中からは、すべての@uアドレス宛メールがこのOutlookに届きます。本来の(ブルーの)@u アドレスのシステムには届きません(事務職員、技術職員用の@unアドレスのシステムにも届きません)。Teams・Stream・その他のEES特典のオフィスツールからの通知は、@u 宛のメールの形式でこのOutlookに届きます。

通知を転送する設定

このように、メールシステムとしては正常に使えないのに通知が届いてしまうため、EES特典のOutlookは、届いたメールをすべて@sアドレスなど他のアドレスに転送するように設定し、その後は使わないことを勧めます。転送設定するにはEES特典に@uアドレスでサインインした後、@s アドレスのメールの転送方法と同じ手順で転送先を登録します。

ICT ガイドへの補足について

ICT ガイドに補足事項が追加されました。

2020 年4 月25 日現在掲載中の ICT ガイドにはガイドの末尾に補足事項が含まれています。

2020 年4 月24 日以前に掲載されていたICT ガイドには、補足事項が含まれていませんので、以下のリンクから補足事項部分を確認してください。

ICT ガイド(2020/04/25 補足事項含む)
https://www.cc.tsukuba.ac.jp/ICT/ICT_Guide_J.pdf

ICT ガイド補足事項のみ
https://www.cc.tsukuba.ac.jp/ICT/ICTGuide_Supplement_J.pdf