SINETのメンテナンスによるネットワーク停止について

国立情報学研究所より、次の日時でSINETのメンテナンスの連絡がありましたので、お知らせします。

日時:2021年5月8日(土)0時から午前1時30分のうち10分程度
影響範囲:遠隔地を含めた筑波大学全体で学外と通信できなくなります。

日時:2021年5月6日(木)0時から午前3時のうち10分程度
影響範囲:東京キャンパス文京校舎で筑波地区を含むそれ以外と通信できなくなります。

なお、SINETのメンテナンスは全国のSINET施設で行われるようですので、SINETを利用している他機関でも通信断が発生します。

くわしくは国立情報学研究所の次のお知らせを御覧ください。

https://www.sinet.ad.jp/news/2021-03-04post-8332

メールゲートウェイの設定変更に関して(TLSによる暗号化)

メールサーバ間において、TLSによる暗号化が主流となって来ていることを踏まえて、本学のメールゲートウェイにもTLS(TLS 1.2)を設定する予定です。

これにより、メールゲートウェイ(※)に対して、送信元がTLS通信を求めた場合に、それに応じて、通信が暗号化されます。
また、メールゲートウェイは、送信時に、送信先とのネゴシエーションにより、送信先がTLS通信に対応していると判った場合には、通信を暗号化します。

※送信用メールゲートウェイと受信用メールゲートウェイはいずれも、それぞれの送信元と送信先に対して、この様に動作します。

この設定変更作業を4月19日(月)に実施し、同日正午より、TLSでの通信が可能となる予定です。

なお、本件に関して、学内のメールサーバの設定変更は不要です。
しかし、例えば、TLSに対応した学外メールサーバに対して、送信時に通信の暗号化を希望される場合は、送信用メールゲートウェイを経由するように設定を変更することをご検討ください。

本件に関するお問い合わせには、
 学術情報メディアセンターWebページ
 https://www.cc.tsukuba.ac.jp/wp/
にあります「困ったときには」-「お問い合わせフォーム」をご使用ください。
その際、お問い合わせ種別「VPN,アクセスポイント,基幹ネットワーク,ネットワーク回線」をご選択ください。

Microsoft 365 EES特典のOutlookにおける転送設定に関して (2021/4/9)

本学の Microsoft 365 EES特典 (※注) のOutlookにて、
学生の@s, @uアドレスのメールとEES特典のOutlookについて
職員の@u, @unアドレスのメールとEES特典のOutlookについて
の記載にあるように、転送設定をされている方は、2020/12月頃のMicrosoft社の仕様変更により、現在までメール転送がおこなわれていないことが判明いたしました。

つきましては、管理者側で従来通り転送設定ができるように設定をおこないました。

現在は、転送が従来通りおこなえるようにしておりますが、何かございましたら、学術情報メディアセンターお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※注
 @s.tsukuba.ac.jp のドメインのメールのことではありません。
 @u.tsukuba.ac.jp のメールアドレスでサインインするウェブのサイト内の Outlook の機能のことです。
 PC等にインストールしているアプリは関係ありません。

トレンドマイクロ社アンチウイルスソフトの Apple M1 チップ未対応について

学術情報メディアセンターで配布しているアンチウイルスソフト『Trend Micro Apex One Mac』において
現在一部の mac にて、『インストール後 mac の動作が不良となる』との報告を受けております。

トレンドマイクロ社サポートセンターより、『バージョン 3.5.3718 で Apple M1 チップは未対応なので動作保証はしない』との連絡を受けました。
Apple M1 チップ搭載の mac へのインストールは対応版(現在準備中とのこと)が出るまでお待ちくださいますようお願いいたします。

SINETの東京のノードのメンテナンスに伴う東京キャンパス文京校舎のネットワーク停止について

国立情報学研究所よりSINETのメンテナンスの連絡があり、東京キャンパス文京校舎が接続されているSINET施設で、次の日時でネットワーク停止を伴うメンテナスがあるようです。

日時:2021年4月7日(水)午前2時から午前5時
   この間の2時間程度
影響範囲:東京キャンパスより、筑波地区等を含むキャンパス外への通信の停止

また、これらの機関についても同様に通信影響が発生しますので、これらの機関への接続についてもご注意をお願いいたします。

     GMOインターネット株式会社 (GMOインターネット株式会社)
     お茶の水女子大学 (お茶の水女子大学)
     さくらインターネット株式会社 (東京DC)
     アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 (アマゾンウェブサービスジャパン株式会社_東京)
     ソフトイーサ株式会社 (「ソフトイーサ銀座1」架)
     一橋大学 (千代田キャンパス(学術総合センター内))
     一般財団法人 高度情報科学技術研究機構 (東京事務所)
     北陸先端科学技術大学院大学 (東京サテライト)
     国立大学法人 政策研究大学院大学 (政策研究大学院大学)
     国立研究開発法人 国立国際医療研究センター (戸山事業所)
     国立研究開発法人 国立国際医療研究センター (病院)
     国立研究開発法人 国立国際医療研究センター (研究所)
     国立研究開発法人 科学技術振興機構 (日本科学未来館)
     国立研究開発法人 科学技術振興機構 (東京本部)
     国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 (農業情報研究センター 東京オフィス)
     地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター (地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター)
     大東文化大学 (板橋キャンパス)
     帝京大学 (板橋キャンパス)
     帝京平成大学 (池袋キャンパス)
     帝京科学大学 (帝京科学大学)
     成城大学 (成城大学)
     放送大学学園 (GMOインターネット株式会社)
     日本マイクロソフト株式会社 (東京1)
     早稲田大学 (早稲田キャンパス)
     早稲田大学 (西早稲田キャンパス)
     明海大学 (浦安キャンパス)
     東京医科歯科大学 (湯島キャンパス)
     東京大学 (弥生キャンパス)
     東京大学 (本郷キャンパス)
     東京大学 (東京大学医科学研究所)
     東京大学 (柏キャンパス)
     東京大学 (浅野キャンパス)
     東京大学 (白金キャンパス)
     東京大学 (駒場地区キャンパス)
     東京有明医療大学 (東京有明医療大学)
     東京海洋大学 (品川キャンパス)
     東京海洋大学 (東京wadci)
     東京海洋大学 (越中島キャンパス)
     東北大学 (東京wadci)
     東洋大学 (赤羽台)
     株式会社内田洋行 (株式会社内田洋行)
     法政大学 (市ヶ谷キャンパス)
     独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA 産業サイバーセキュリティセンター 本部)
     筑波大学 (東京キャンパス文京校舎)
     芝浦工業大学 (IIJ 白井データセンター)

トレンドマイクロ社製アンチウイルスソフトのライセンス更新について

新年度となり、学術情報メディアセンターが契約しているトレンドマイクロ社製アンチウイルスソフトの契約が更新されました。
つきましてはインストールされている PC やモバイル端末(スマフォ等)でもライセンス更新が必要になります。

対象ソフトウェア:
 Trend Micro Apex One (TMAO)
 Trend Micro Virus Buster (TMVB)
 Trend Micor Security for Mac (TMSM)
 Trend Micro Mobile Security (TMMS)

ライセンス更新方法:

  • Windows や Mac の場合(TMAO TMVB TMSM インストール端末)
    学内ネットワーク(VPN 接続も可)に接続した状態で PC を再起動し、手動でアップデートを実行してください。
  • Android 端末や iOS 端末の場合(TMMS インストール端末)
    ライセンス設定の QR コードは次の Web より読み込んでください。
       (統一認証 ID (UTID-13 で認証してください)
        Android用
        iOS用
    QR コードは PC 等別の機器にて表示し、Mobile Security アプリで読み込んでください。

注意事項:
 トレンドマイクロ社製アンチウイルスソフトのライセンスは、筑波大学の構成員のみが使用できます。 
 卒業・退職等で構成員では無くなった場合は、速やかにアンインストールしてください。

【重要・緊急】サーバ証明書(UPKI電子証明書発行サービス)の更新に関するお願い(2021.3.17更新)

UPKI電子証明書発行サービスを通じて発行されたサーバ証明書の利用管理者の皆様に、緊急のお知らせとお願いがございます。

2020年12月25日以降、本日(2021年3月15日)までに更新されたサーバ証明書は、本件に該当しません。
(手続き等不要です)

既にご案内しておりました、本学が参加しているUPKI電子証明書発行サービスが利用している中間認証局の切り替わり(※)に関して、その時期が1週間以内となる可能性が出てきました。

つきましては、『停止すると業務に支障の出る重要なサーバについては、サーバ証明書の更新作業を、1週間以内で、できる限り早めに実施』していただきますようお願いいたします。
(具体的な作業は、通常の更新作業と同じです。「更新用TSVファイル」をご用意ください。)

急なお願いで大変恐縮ですが、ご理解・ご協力いただけますようお願い申し上げます。

本件に関する不明点等は、
学術情報メディアセンターWebページにある「困ったときには」-「お問い合わせフォーム」より、
お問い合わせ種別を「VPN,アクセスポイント,基幹ネットワーク,ネットワーク回線」として、お問い合わせいただけますようお願いいたします。

※電子証明書が準拠すべき「CA/Browser Forum Baseline Requirements」および「Mozilla Root Store Policy」の改定により、UPKI電子証明書発行サービスの証明書を発行する中間認証局が切り替わることになりました。詳細は、こちらのWebページをご参照ください。
https://certs.nii.ac.jp/news/20210312

—- 以下2021.2.8時点情報 —-

UPKI電子証明書発行サービスを通じて発行されたサーバ証明書の利用管理者の皆様にお知らせとお願いがございます。

本学が参加しているUPKI電子証明書発行サービスが利用している中間認証局が切り替わることとなりました。

具体的には、電子証明書が準拠すべき「CA/Browser Forum Baseline Requirements」および 「Mozilla Root Store Policy」の改定により、UPKI電子証明書発行サービスの証明書を発行する中間認証局が切り替わることになりました。
https://www.cc.tsukuba.ac.jp/wp/wp-admin/post.php?post=12816&action=edit&classic-editor#visibility
これに伴い、2020年12月24日以前に発行されたサーバ証明書は、2021年4月末までに更新する必要がございます。
(該当するサーバ証明書は、2021年5月23日まで有効です。)

既に、該当する利用管理者の皆様宛てには、メールにて連絡させていただいております。
もし、本件に関するメールを受け取っていない場合は、お問い合わせいただきますようお願いいたします。

なお、4月末までに有効期限を迎える証明書は、通常通りに更新申請をお願いいたします。
また、更新手続きは、これまでと同じです。(更新用TSVファイルの仕様に変更はありません。)

本件に関するお問い合わせは、本サイトの 「困ったときには」 - 「お問い合わせフォーム」 よりお願いいたします。

学内無線LANシステムの構成機器の更新に関して(予定:2021年4月末)

2021年4月末に、学内無線LANシステムの構成機器が新型に置き換わります。

これに伴い、以下の2点について、変更が生じる可能性があります。
・Wi-Fiに接続するための認証の方法
・SSID「utwlan-w」に接続するためのパスフレーズ

変更の有無や詳しい内容などの詳細が決まりましたら、
 学術情報メディアセンターWebページ
 https://www.cc.tsukuba.ac.jp/wp/
の「お知らせ」に随時掲載されますので、ご確認ください。

本件に関するお問い合わせには、「困ったときには」-「お問い合わせフォーム」をご使用ください。
その際、お問い合わせ種別「VPN,アクセスポイント,基幹ネットワーク,ネットワーク回線」をご選択ください。