Mathematica サイトライセンス

更新日:2020年9月 18日

Mathematica オンラインセミナーのお知らせ

開発元ウルフラムリサーチ社 主催によるオンラインセミナーです。

対象:本学の学生・教職員

内容:以下の4セッションを1シリーズとして実施します.

	(A) はじめてMathematicaを使う方向け

	(B) Mathematica基礎編
	       (数式・数値処理の基礎から,グラフ描画,簡単なアニメーション作成)

	(C) Mathematica応用編
	       (常・偏微分方程式の求解から,データ解析,簡単な機械学習)

	(D) Wolfram言語による機械学習
	       (すぐに実行可能な教師あり・なし機械学習,ニューラルネットワークのカスタマイズ,訓練法など)

日時:以下の2シリーズを開催します.
(1) イブニングシリーズ	: (A) 10月13日, (B) 10月20日, (C) 10月27日, (D) 11月10日 の各火曜日 17:00-18:00 
(2) ランチタイムシリーズ: (A) 10月14日, (B) 10月21日, (C) 10月28日, (D) 11月11日 の各水曜日 12:00-13:00

費用:無料

参加登録:参加希望のシリーズについて,下記URLから詳細確認・参加登録を行ってください.
(シリーズでURLが異なるためご注意ください)

(1) イブニングシリーズ
https://wolfr.am/PiVxxgtq

(2) ランチタイムシリーズ
https://wolfr.am/PiVwNkSa

本件に関する問い合わせ先:accc-software@cc.tsukuba.ac.jp


■特別提供期間の終了について

無償提供の有効期限(8/15)をすぎると、サブスクリプションのプランが 無料の Cloud Basic plan に移行します。

今回の特別提供期間中に作成したファイルをクラウド上に保存している場合は、60日後に使用不可になります。期限前にローカルに保管してください。

遠隔授業・在宅勤務対応

開発元ウルフラムリサーチ社から COVID-19流行の状況に対し期間限定(2020/08/15まで) で「Mathematica|Online Unlimited Site」のライセンスをご提供いただきました。

Mathematica|Online は、各ユーザの Wolfram ID を使って Wolfram Cloud にサインインして使用するものです。デバイスには依存しないので、インターネット接続できる環境であればどこからでも利用できます。

ユーザポータルに登録済みの方は各自のユーザ名とパスワードを入力して,未登録の方は登録して オンラインアクセスを請求してください.請求の際には @u.tsukuba.ac.jp もしくは @un.tsukuba.ac.jp ドメインのメールアドレスを登録してください.これ以外のメールアドレスでは登録できません.

———
参考:Mathematica|Onlineの利用方法について:

 - Introduction (日本語のビデオ)

 - Hands-on Start to Mathematica Online (Wolfram U video course)

現時点では,Mathematica|Online のインターフェイスは英語のみとなっています.
ドキュメントは,日本語環境でお使いの場合は,日本語のドキュメントがご覧頂けます.

Service Credit および Cloud Credit については,以下のURLをご参考ください.
 - Service Credit : https://www.wolfram.com/service-credits/index.ja.html?footer=lang
 - Cloud Credit : https://www.wolfram.com/cloud-credits/

———

本学では長年,有志の教員によってMathematicaのサイトライセンスが契約されてきました.その実績に鑑み,2010年2月から大学の共通経費による契約に移行し,ライセンス管理に関する業務を学術情報メディアセンターが担当することになりました.ここでは,筑波大学の教職員や学生がMathematicaを利用する方法や注意事項を説明しています.

ライセンスプログラムの種類は教育機関Unlimitedプログラムで,契約期間は2019年4月から2022年3月までの3年間です.対象組織の学生・院生・教職員は最新版Mathematicaが利用できます.このライセンスは契約期間中の使用権を認めるものであり,契約終了とともに使用権はなくなります.契約更新の可否はその都度情報環境機構が判断し,終了する場合には3ヶ月以上前に告知します.

対象となる組織一覧

対象組織以外の学生・院生・教職員は,学内からの接続のみ可能なComprehensiveプログラムによる利用ができます.

大学内での教育機関Unlimitedプログラム利用

対象の教育組織は,費用負担なしに大学が所有・管理する任意のWindows/Linux/MacにMathematicaや Wolfram Lightweight Grid Managerをインストールできます.これらの機器は,有償・無償を問わず大学が主催する公開講座等の受講者に使わせることもできます.

インストールにはアクティベーションキーとインストールプログラムが必要です.Wolframユーザポータルで取得します(下記「アクティベーションキーの取得」リンク).ユーザポータルに登録済みの方は各自のユーザ名とパスワードを入力して,未登録の方は登録して アクティベーションキーとインストールプログラムを請求してください.請求の際には@u.tsukuba.ac.jpもしくは@un.tsukuba.ac.jpドメインのメールアドレスを登録してください.これ以外のメールアドレスでは登録できません.登録したアドレスにアクティベーションキーがすぐにメールで送付されます.

キーと同時にインストールプログラムのダウンロード用リンクが案内されます.ただし,ダウンロードのためにはWolframユーザポータルへのユーザ登録が必要です.ユーザ登録すると,取得したキーを参照したりインストールプログラムのダウンロードやPremier Serviceの特典を管理することができるようになります.シングルマシンライセンス,ネットワークライセンスは同じインストールプログラムを使います.

大規模システムあるいはネットブートシステムに使用するなど,シングルマシンライセンスでは不都合が生じる場合は,個別にラボ版のインストールプログラムとパスワードを配付しますので下記,担当者にお問い合わせください.

アクティベーションキーとインストールプログラムの取得(Wolfram社サイトへのリンク)
Mathematicaインストールマニュアル(PDF:900KB)

教職員の私的利用

ホームユーズライセンスにより,前掲教育組織の教職員は私物のWindows/Linux/Macに無償でMathematicaをインストールして使用できます.ライセンスの申請とソフトウェアの入手は Wolfram Researchのサイトから行います.機器1台につき1つのライセンス(1回の申請)が必要です.Wolfram Researchが本人確認を完了し,ダウンロード用URLを通知するまで数日かかります.

大学内での利用のためのインストールプログラム(前項)とパスワードをホームユーズで使ってはいけません.教職員は退職することで,ホームユーズライセンスの権利を失います.速やかにソフトウェアをアンインストールしてください.

ホームユースの申請サイトへ(Wolfram Research内)
ホームユースのFAQ(英文)(Wolfram Research内)
ホームユース申請手順(学内のみ)(ヒューリンクス提供)
ホームユース利用延長申請手順(学内のみ)(ヒューリンクス提供)

学生の私的利用

Student Site License Programにより,前掲教育組織の学生は私物のWindows/Linux/Macに無償で
Mathematica for Students
をインストールして使用できます.

インストールにはWolframIDが必要です.持っていない場合は,@u.tsukuba.ac.jpドメインのメールアドレスでアカウントを作成してください.2017年度以降の入学者(@s.tsukuba.ac.jp を使用している人) も @u のアドレス(@s を @u に置き換えたもの)を使用してください。@u に届いたメールは @s に転送されます。@u と @s の違いについてはこちらを参照してください。

学生は卒業や退学などで筑波大学の学籍を失うとライセンスの権利を失います.速やかにソフトウェアをアンインストールしてください.

学生用アクティベーションキーとインストールプログラム取得サイトへ(Wolfram社サイトへのリンク)
Mathematicaインストールマニュアル[PDF:900KB]

教育機関Unlimitedプログラム対象外の教職員・学生による利用

Comprehensiveプログラムによるネットワークライセンスサーバを公開しています.ただし,同ライセンスサーバには学内ネットワーク(学術情報メディアセンターのVPN接続サービスのクライアントを含む)からしかアクセスできません.以下のダウンロードサイトからインストールプログラムを入手しください.学生・教職員とも私物のWindows/Linux/Macへのインストールはできません.

本ソフトウェアに関して,深刻な不具合やライセンス管理サーバの保守等による一時的なサービスの停止等については全学計算機システムのメールマガジンでお知らせします.ぜひ,全学計算機システムのメールマガジンへ登録してください.
登録については http://www.u.tsukuba.ac.jp/icho-news/ をご覧ください.

Mathematica8用インストールマニュアル(PDF:1.10MB)
* マニュアルのバージョンは8ですが,最新バージョンも大体同じ要領でインストールできるはずです.
インストールプログラムのダウンロード(統一認証ID(13桁数字)による認証が必要)

利用ガイド/トレーニングマニュアル(学内のみ)(ヒューリンクス提供)
利用ガイド [ PDF版CDF版HTML版ノートブック ]
トレーニングマニュアル[PDF]

その他

  • Q. 「ライセンスの有効期限は 20xx年4月30日までです.…」と表示される(ユーザポータル内の期限と違う).
    A. インターネットに接続された環境で Mathematicaを起動すれば、有効期限は自動的に延長されます。但し、開発元のサーバのメンテナンスや回線の混雑状況等により一度では更新されないケースもあります。
    有効期限を示すダイアログが気になるようであれば、ヘルプメニューから「アクティベーションキーを入力」を選択し、アクティベートを実行してください。
  • Linuxはバージョン11.3から 32bitをサポートしなくなりました(バージョン11.2までは32bitで利用できます)。動作環境は下記URLをご覧ください。
    http://www.wolfram.com/mathematica/system-requirements.html
  • Q. アクティベーションキーを取得しようとすると “For additional activation keys, please contact your site administrator.” と表示される.
    A. 取得できるキーの数が1ユーザあたり4つまでとなりました。取得済みのアクティベーションキーを整理(アクティベート解除)するか、5つ以上のキーの利用を希望する場合は、
    [Mathematicaのバージョン/アクティベーションキーの必要数/所属/ローマ字の姓・名/@uもしくは@unのメールアドレス] を下記問い合わせ先へご連絡ください。
  • 契約期間中は随時バージョンアップが可能です.サイトライセンスのパスワードは有効期限が設定されており,毎年更新が必要です.
  • Mathematica8で有効期限のダイアログが表示される場合
  • ライセンスマネージャなどのインストール方法(参考:Wolfram Research内)
  • Q. Wolframのサイトから取得したパスワードで登録ができない
    A. 学情センタが管理する前(2010年2月以前)に配布されていたDVDからインストールされた Mathematicaで起きることがあります.既存の mathpassファイルの内容を,メールに記載されている「mathpassファイルの内容:」(下記) で書き換えてください.(mathpassファイルは通常,Windows7/Vistaの場合 C:\Users\username\AppData\Roaming\Mathematica,Windows 2000/XPの場合 C:\Documents and Settings\username\Application Data\Mathematica (usernameは ユーザ名)に置かれています.)
    例) vmw7 9999-99999-99999 L9999-9999 9999-999-999:8,8,16,99:9:99999999
  • WolframIDを削除したい場合は,Wolframサポートチームの問合わせフォームで依頼してください.トピックは “アカウント” を選択します.フォームは日本語で表示されますが記入は英文にしてください.
  • webmathematicaの利用

まとめ

対象者 契約プログラム 利用ライセンス ライセンス数 必要なパスワード*1 使用場所 私的利用(私物マシン)
対象となる組織一覧
教育機関Unlimitedプログラム
シングルマシン(ユーザ)ライセンス,
ネットワークライセンス
無制限 一般パスワード(マシン固有・MathIDに基づく),
ユニバーサル・汎用パスワード(MathIDに依存しない)
どこでも 教職員:ホームユーズライセンス
学生:Mathematica for Students
上記以外
Comprehensiveプログラム
ネットワークライセンス 15ライセンス 不要、代わりにサーバ名が必要 学内のみ ×
ホームユーズライセンスがあるがライセンス数に限りがあるので提供しない
*1 ネットワークライセンスの場合、サーバは必要,クライアントでは不要 (クライアントはサーバのパスワードを参照して起動する、そのためサーバ名が必要)

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームから、
「ソフトウェアライセンス」を選択して、必要項目を入力、問い合わせをお願いします。