Microsoft 教育機関向け総合契約(EES)- ソフトウェア配布システム

更新日:2021年3月 19日

Microsoft社のOfficeのインストールパッケージをソフトウェア配布管理システム(Download Station(以下,単にDSと言います))により提供しています.

インストール方法

Office

  1. DSからインストーラを入手する
  2. ダウンロードしたインストーラを実行する
  3. インストール完了後、PCの再起動を行う

Office for Mac

  1. DSからインストーラとシリアライザを入手する
  2. ダウンロードしたインストーラを実行したあとにシリアライザを実行する
  3. インストール完了後、PCの再起動を行う

注意事項

※Office起動時のサインインは、スキップできます。
※Office 2019 は、”Windows 10”のみインストールすることができます。
※インストール完了後、PCの再起動を行って下さい(再起動いただかないとアクティブ化されません)。尚、インストール時は、必ず学内ネットワークに接続下さい。(アクティブ化する為に、インストール時にKMSライセンス認証を行っている為です。KMS認証に関して詳細はこちらをご参照ください。)
※旧Officeアプリはアンインストールの上、インストールを行ってください。(旧Office製品がインストールされていると、Office 2019 が起動しなくなるなどの不具合が発生いたします)アンインストールは自己責任においておこなってください。

DSへのログイン

教職員による統一認証ID(UTID-13)での認証が必要

DSユーザマニュアル(株式会社内田洋行 提供)

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームから、
「Microsoft 教育機関向け総合契約(EES)」を選択して、必要項目を入力、問い合わせをお願いします。