Microsoft 教育機関向け総合契約(EES)- お知らせ

更新日:2021年10月 4日

  • Windows11 へのアップグレードについて (21/10/4)
  • [本件の対象者]
     (a) 本学が提供している Microsoft のライセンスによって Windows 10へアップグレードした人
     (b) 本学が提供している Microsoft のライセンスによって Windows 11へアップグレードをしようとしている人
     ※ 購入時の Windows のままお使いの場合は対象外です。

    Microsoft より発表されました Windows11 のリリースにつきましては、2021 年 10 月 5日リリース予定ですが、本学の Microsoft 教育機関向け総合契約(EES)による WindowsOS アップグレードの提供は、ただ今検証中であり、配布開始は早くて 2022年 1月となる見込みです。
    確認が取れ次第、本ページにて改めてお知らせいたしますので、WindowsOSのアップグレード対応につきましては、当分の間お待ちくださるようお願いいたします。
    なお、Microsoft ホームページ等からも無償アップグレードが配布されることも予想されますが、本学の各検証が終了するまでは、お控えくださるようお願いします。
    検証終了のお知らせ前に、独自に WindowsOS アップグレードしたことにより、動作に不具合が生じた場合でも、情報環境機構では対応いたしかねますのでご注意ください。

  • Office 2016 for Macのサポート終了について
  • 表記の製品については、Microsoft によるサポートは 2020/10/13までとなりますので、本サイトからのご提供を終了しました。ご利用中の方は早めに更新してください。

    最新版であるOffice 2019 for Mac をソフトウェア配布管理システムから入手し、インストールすることが可能です。
    また、Mac の場合は AppStore からも Office を入手可能です。
    この場合は、EES 特典による個人使用に準じます(サインインして使用)。

  • Office 2010 Professional Plus の提供終了について
  • Office 2010 Professional Plusの開発元によるサポート期間が2020年10月に終了します。
    これに先立ち、本サイトでのダウンロード提供を終了しました。
    (使用中の方も特にセキュリティの意味から)Office 2016 Professional Plus 以降の製品をご利用ください。

  • EES契約におけるOffice 2016等の更新プログラムの適用
  • 本学のEES契約にけるソフトウェア配布管理システム(Download Station)などより入手したOffice Proplus 2016 (Office 2013、Office 2010含む)をWindows 10においてご利用いただいている方で、Officeの更新プログラム適用をおこなうには、以下の方法にてWindows10の設定を有効になっていないと適用がされません。
    ※Office Proplus 2019においては、上記の設定を有効にしなくても、Officeのアプリケーション内で更新プログラムを適用することができます。
    『設定方法』

    1. Windowsアイコンを選択(画面左下の窓のアイコン)
    2. 設定を選択(ネジ(歯車)のアイコン)
    3. 更新とセキュリティを選択
    4. Windows Updateの”詳細オプション”を選択
    5. ”Windows の更新時に他のMicrosoft 製品の更新プログラムも入手します”を『オン』にする
    6. Windows Updateの画面に戻り”更新プログラムのチェック”をおこなう
    7. 更新プログラム適用完了後”更新の履歴を表示する”より、Office関連の更新プログラムが適用されているか確認できます

  • Windows 7のサポート終了について
  • Windows 7の開発元によるサポート期間が終了し、セキュリティー等の更新が提供されなくなり、本サイトでの提供も終了しました。

  • Windows 10へのアップグレードに関して
  • Windows 10へのアップグレードされる際は、以下のアップグレード関する資料を必ずご参照の上、行うようお願い致します。
    ※以前にも本システムよりご利用いただいたことがある方も、利用方法が変わりましたので、資料を確認の上、行うようお願い申し上げます。

  • Office 2019 の提供を開始致しました
  • Office 2019 の提供を開始致しました。(Mac版Office(Office 2019 for Mac)も提供開始致しました)
    インストール前に必ず、以下注意事項をご確認下さい。

    (Windows版Office 2019 インストール時の注意事項)

    • Office 2019 は、”Windows10”OS以降のみインストールすることができます
    • インストール完了後、PCの再起動を行って下さい。(再起動いただかないとアクティブ化されません)
       尚、インストール時は、必ず学内ネットワークに接続下さい。
       (アクティブ化する為に、インストール時にKMSライセンス認証を行っている為です。KMS認証に関して詳細はこちらをご参照下さい。)
    • 旧Officeアプリはアンインストールの上、インストールを行って下さい。
      (旧Office製品がインストールされていると、Office 2019 が起動しなくなるなどの不具合が発生いたします)
       アンインストールは自己責任においておこなって下さい。

    (Mac版 Office for Mac 2019インストール時の注意事項)

    • office 2019 for Macは、Mac OS 10.12(Sierra)以降のサポートとなっております。
    • インストール前に、必ず旧Officeアプリをアンインストール下さい。
      • Finderのアプリケーション一覧からoffice関連アプリを削除
      • 「Excel」「Word」「PowerPoint」「outlook」「OneNote」「OneDrive」などをゴミ箱へ移動
    • Docにもofficeアプリを設置している方は、削除下さい。
       アンインストールは自己責任においておこなって下さい。
    • office 2019 for Macは「インストーラー」と「シリアライザー」の両方をインストール下さい。

    また、「Office 2019」「Office 2016」「Office 365」に違いについては、以下、比較表をご参考下さい。

  • Office for Mac 2011のサポート終了について
  • Office for Mac 2011の開発元によるサポート期間が終了し、セキュリティー等の更新が提供されなくなり、本サイトでのダウンロード提供も終了しました。(使用中の方も特にセキュリティの意味から)Office for Mac 2016以降の製品をご利用ください。

  • Skype for Businessの利用について
  • ダウンロードステーションからダウンロード・インストールするMS Office に含まれるSkype for Businessを利用するには各自でサーバーを設置する必要があります。
    サーバーを設置しないで利用したい場合は上記製品をインストールせず、代わりにOffice365 をインストールし、Skype for Businessをご参考ください。

  • Office 2016 for Macのインストールに関して
  • Office 2016 for Macをご利用いただくには、”インストーラー”と”シリアライザー”をそれぞれ必ずダウンロード・インストールをしないとご利用いただけません。
    また、以前からoffice2016forMacをご利用いただいており、不具合(動作しない・ライセンス認証が求められる)が発生する方は、大変お手数ですが、一度、現在ご利用いただいてるoffice2016forMacをアンインストールしていただき、再度、本DownloadStationからダウンロード・インストールしてご利用ください。
    ※アンインストールするofficeアプリは「Excel」「Word」「PowerPoint」「outlook」「OneNote」「OneDrive」をゴミ箱へ移動させてください。
    ※Dockにもofficeアプリを設置している方は削除ください
    アンインストールは自己責任においておこなって下さい。

  • HUP (Home Use Program)の終了について
  • EESの特典によるHUPの提供が終了しました。使用中の方は速やかに使用を止め、ソフトウェアをアンインストールしてください。

  • 詐欺メールの注意喚起(2017年1月13日更新)
  • 「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」という題名の詐欺メールが報告されています。
    詐欺メールですので、無視してください。

  • MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」についてのお知らせ(2016年2月22日更新)
  • MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」は、2016年1月13日(日本時間)に旧バージョンのサポートが終了しております。
    旧バージョンのIEは、同日提供されているセキュリティ更新プログラムが最後となり、以後にサポートを受けるには最新版へのアップグレードが必要となります。
    つきましては、お使いのPCのIEのバージョンを確認の上、最新版でない場合は、以下の対策に従い早急にバージョンアップを行うようお願いします。
    なお、サポート対象外となるIEは、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、新たな脆弱性が発見されても解消することができず、脆弱性を悪用された場合、ウイルス感染により「ブラウザを正常に利用できなくなる」ほか、「情報漏えいする」などの被害に遭う恐れがあります。

    【対策】
    お使いのIEのバージョンの確認方法

    ■Windows 7 SP1の場合
    Windows 7 SP1の最新のIEは、Internet Explorer 11です。
    お使いのIEのバージョンアップを確認し、最新版でない場合は、以下のURLより最新のIEをダウンロードの上、インストールを実施してください。
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/ie-11-worldwide-languages

    ■Windows 8の場合
    Windows 8では、IE 10のみが利用可能であるため、Windows 8.1へアップグレードする必要があります。
    ※ Windows 8.1にアップグレードすることによって最新版のIEとなります。

    ■Windows 8.1、Windows 10の場合
    Windows 8.1、Windows 10では、IE 11(Windows 10の場合は、Microsoft Edge)がリリース時に同梱されていますので、引き続きご利用いただけます。

    【参考】 ■Microsoft - Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ

  • Office 2016 for Macのインストールについて(2015年11月18日更新)
  • Office 2016 for Macのインストール時に、「開発元が未確認のため開けません.」もしくは、「ファイルが壊れているため開けません.」という警告が表示される場合は、下記リンク先をご参考頂けます様、お願い致します。開発元が未確認のMacアプリケーションを開く(Apple社サイトへのリンク)をご覧ください。

  • 重要:ライセンス認証に関する警告が表示された皆様へ(2013年6月3日更新)
  • ライセンス認証を促す画面が表示された場合には,下記のレジストリファイルのインストールを行ってください.
    ライセンス認証が成功しない場合について
    また長期間,学内ネットワークに接続していない場合には,学内ネットワークに接続してください.

  • 定期メンテナンスのお知らせ
  • 毎月第2木曜日の午前7:30から約10分程度,Download Stationの利用やライセンス認証を行えません.